なるゾウ先生と見つける目指したい職業になれる大学選び

目指したい仕事から大学・専門学校を探すことができます。気になる仕事の内容を調べたり、目指せる大学・つけておきたい能力などもなるゾウ先生がお仕事別に紹介します。


幼稚園教諭取得に向けて~「短期大学」「四年制大学」の違い

短期大学では、以前は「保育士のみ」「幼稚園教諭のみ」であったのが、「保育士・幼稚園教諭の両方同時取得可能」という流れに変わってきました。

4年制大学でも幼稚園教諭+保育士のダブル資格を取ることができる学部や学科があります。 

短大と4年制大学では、資格取得に向けての中身がどのように違うのでしょうか? 大きく分けて以下のような3つの違いが挙げられます。

実習期間に余裕が持てるのが四大

まず一番の違いが「実習」です。

短期大学では2年間で幼稚園教諭と保育士の資格取得に向けて勉強します。
2年生になったら、就職活動(就職試験)もありますので、実質上は1年生でおおよその学習を終えていくことになります。 

実習も2年生の前期で終えておかないと、そのあとの就職活動が行えなくなります。 短期大学では時間的余裕が少なく、2年間でやりきることが大事になります。


それに対して、四年制大学では、1年目は一般教養と教育基礎科目、2年目から専門科目に入り、実習についても、資格を取るために行う実習を終えた後、それ以外にも、3年生の夏休みや春休みなどを利用して、自分自身で任意実習というかたちで実地経験を積むことが可能です。

つまり四年制大学の場合は時間的に余裕があり、経験をある程度積んでから現場に就職できるメリットがあります。


小学校教諭の資格取得も可能な四大


2つ目の違いは「トリプル資格取得」です。

4年制大学では、短大のW資格取得という変化を受けて「4年制大学だからこそ」という強みが出せるものとして、保育士・幼稚園教諭、そして小学校教諭の3つを同時に卒業時までに取得可能な大学が出てきています。

教育エキスパートの養成ですね。

これは「教育業界にて多面的に働いてみたい人」や、「教育に興味はあるが、自分が一体どの分野に向いているか答えが出ていない人」などには、大学の中で焦点を絞っていくことができますので良いかと思います。


一種免許、二種免許の違い


最後、3つ目の違いは、幼稚園教諭の「一種」「二種」の取得です。

短大で取得できる幼稚園教諭は「二種」と呼ばれるものです。それに対して四年制大学にて取得できる幼稚園教諭は「一種」です。 何が違うかというと、業務面では大きな差はありませんが、「一種」を取得している人が、将来的に給与面で差がつく幼稚園も存在すること、また、幼稚園の園長先生などは一種取得者であることなどといったことが違いとなります。

四年制大学でトリプル資格取得が可能なのは、この「一種」を取得していることが大きな理由です。

つまり、2年制の短大より、多く実習や学習時間を取っていることが一種と二種の差であるからです。


幼稚園教諭・保育士の資格が取れる大学・短期大学


最後に、幼稚園教諭や保育士の資格が取れる大学・短期大学などを以下にご紹介しておきます。 各学校ではオープンキャンパスなども実施されています。 実際に学校の中で、体験授業などを通して、自分に合った学校を見つけてみましょう。

【幼稚園教諭&保育士免許のW資格取得が可能な4年制大学・短大】(一部抜粋)
都道府県名 大学名 特徴など
大阪 大阪青山大学(4年制) トリプル資格(保・幼・小学校教諭)取得可能。
大阪総合保育大学(4年制) トリプル資格(保・幼・小学校教諭)取得可能。
大阪成蹊短期大学(短大) ①保育士&幼稚園教諭 
②幼稚園教諭&小学校教諭 の
2種類の資格取得パターンがあり。
京都 同志社女子大学 トリプル資格(保・幼・小学校教諭)取得可能。
佛教大学 特別支援学級の教育養成プログラムを設置
京都光華女子大学短期大学部 キャンパス内に幼稚園がある。W資格取得可能。
兵庫 園田学園女子大学 トリプル資格取得可能
東京 武蔵野大学 トリプル資格取得可能。教員採用試験対策が充実。
淑徳短期大学 W資格取得可能。障害児保育の教育プログラムも実施。

それぞれの大学の資料請求は上の表のリンクから無料でできるので、取り寄せはすぐにしておきましょう!

ここも要チェック!⇒幼稚園教諭が目指せる全国の大学・短期大学一覧

一覧から学校資料の無料一括取り寄せが可能ですので、
まずは入手しておきましょう。

短期大学でも「幼稚園教諭」+「保育士」のダブル取得を前提に!

幼稚園教諭の資格と保育士の資格の両方を取得する必要が出てきたことを受けて、短期大学でも、幼稚園教諭と保育士のダブル資格を取得可能な大学が激増しています。

短期大学では以前は「保育士のみ」「幼稚園教諭のみ」と、どちらか一方の資格しか取得できなかったのですが、今では、保育士と幼稚園教諭の二つを卒業時までに取得できるカリキュラムを編成する短大が増えてきました。

ですから、今後は「幼稚園教諭」+「保育士」のダブル取得が前提と考えて、進学先の学校などを考えていくようにしましょう。

同じ2年間で2つも資格が取れるなんてお得です!

また、ダブル資格が前提として就職活動をしておけば、就職活動・採用活動で有利になることは間違いありません。

幼保一元化とは?

保育所の待機児童問題が解消されないことは、新聞やテレビなどで聞いたことがあるかと思います。

共働き家庭が増えて、子どもを保育所に預けたいけれど、保育所が満員で入れず、空くのを待っている状態を「待機児童」と言います。

また、一方で預かり時間の短い幼稚園の空きが目立ちます。これは、幼稚園は預かり時間が午後3時ごろまでと短いため、働く保護者の子供は時間的に短すぎるということで、預けられません。 だから専業主婦の家庭の子供が多く通うことになるのです。

このような問題を解消するために、幼稚園と保育園の機能を一体化していこうという動きがあります。 

「認定こども園」として、1つの施設内にて幼稚園と保育園を一体化した運営をする施設の設置が進んでいます。 
今後この動きが本格稼働することが決まっています。 

これまでは、市町村が解説してきた「認定こども園」が、私立についても設立されています。 そこで、保育園にて教育を担う幼稚園教諭と、保育所で保育を担う保育士の双方の働きができる人材を求める流れが確実になってきます。

しかし、まだまだ一元化は進んでいないのが現実のようです。 ただ、このダブル資格が前提という動きになることを見据えて、進学する学校選びを考えておくことは大変重要です。

TOPPAGE  TOP